Relationships

私の住むカナダケベック州は、フレンチ文化が大きく影響している地域。よって、結婚制度はあるものの、事実婚関係のカップルがとても多い。子どもも普通にいるし、二人で家も購入していたりもする。が、あくまでお互いをガールフレンド・ボーイフレンドと呼ぶ関係。

何十年も経って やっぱりこの人だ♡って確信をしたら結婚をしたり、一緒のお墓に入りたいって思ったら結婚をしたり、自分に何かがあったときに、財産でしっかりサポートしてあげたいと思ったら結婚したり。
そのあたりはとても自由。(背景には、1年同棲が続いたら、結婚と同じ条件で福祉や教育制度を使えるからというのもありますが。)

そして、先日はゲイカップルの結婚式にも参列させていただいた。
出会ってから18年。
2人の絆は、普段から見ていても、とても深いものだというのは感じてはいたのだけれど。

裁判所で、判事を前に行うセレモニー(日本でいうところの、婚姻届の提出)で、婚姻に関する法律文書が粛々と読まれ、それを胸に刻むように聞いている二人を見たら、言葉はわからなくても(公用語フランス語、ワタクシマッタクワカリマセン。。) とても感慨深く。ここまで色々あったんだろうな。とか、色々想像するだけで 自分自身が経験したイベント的なドキドキワクワクした入籍とはまた違う想いをそこに感じた。

自由だからこその、責任。
自由だからこその、覚悟。

結婚をゴールとしていると、結婚制度にのっとって法律上夫婦になった状態で結婚生活が始まった途端に安心しまくって、お互いに釣った魚に餌を与えない状態。それじゃあ、良いリレーションシップなんて築けるわけないと感じている。

なぜ、奥さんが化粧をしなくなったのか。
なぜ、旦那さんが愛の言葉を口にしなくなったのか。
なぜ、会話がなくなったのか。
なぜ、一緒に寝なくなったのか。
なぜ、いつも文句ばっかり言うようになったのか。
なぜ、自分以外の異性に目が向いてしまったか。
全てに理由はあって、全てに流れがある。

その状態が、お互いにとって双方幸せな形であればもちろん問題ない。でも大体は、相手が問題に思っているかどうかも感じることもなく過ごしていたりする。

婚姻関係があっても、なくても、夫婦という形であっても、なくても。相手が幸せに過ごしているか?ケアする気持ちが絆を強くすると思う。

それを伝えると、相手のことをケアしたいという気持ちもわかない。大体の方はそう口にする。ケアしたいという気持ちはどうしたら起きるの?その答えは、きわめてシンプル。自分をケアすること。自分を満たすこと。大体は自分が満たされることによって、心にも考え方にも余裕が出てくるもの。

自分が余裕がない時は、周りをケアする余裕なんてないもの。だからこそ、まずは自分に問いかけること。「〇〇ちゃん(自分の名前)はどうしたいの?」自分が満たされていないから 人の事に視線も気持ちも手も回らない。

自分を満たすこと;
自分の時間を持つことなのか、
自分が好きな所にいくことなのか、
思い切り自分の想いをぶつけることなのか、
好きなことを一日中一人ですることなのか。
好きに使える収入をうみだすことなのか。

自分に余裕が出てくると、不思議と視野が広がってくる。そうすると、見えてくる景色がある。見えてくると、気になる状況がある。隣にいる人を幸せにしてあげたいって思っていた気持ちを思い出したりもする。

そこからは、今更恥ずかしかったりする気持ちもありながらも昔の自分じゃなくて、今の自分だからできる幸せの形を、相手に心を込めて伝える。(伝える!ってのがポイント。態度で見せる。雰囲気で語る。これって折角の気持ちが伝わっていないというもったいない結果を引き起こしていることが、多々あるのだ)
地味だけど、そのサイクルが結局はヘルシーにめぐるのだ。

自分も幸せ、だから相手も幸せ。自分はさておき、彼のために。。家族のために。。それも美しい形ではある。が、永続的にその形を取りたいと思うならば 必ず自分も満たされていることが続くポイントのように思う。

今回仕事の都合で、3週間ほど生後9カ月になる娘を置いて日本へ一時帰国した。 主人に負荷が間違いなくかかる状態。

「It’ s time for you to shine!Enjoy♡」(あなた自身が輝く番だね、楽しんで♡)と一言。 この素晴らしい送り出しの言葉に、ああ、私、ちゃんとこの人の事 普段から満たして(幸せに)してあげているんだわ。と想いながら。笑

これが、普段から不満を持っていたり彼自身が満たされていなかったら 「お前はいいよな~おひとりさまでさ~」とか、そもそもそんな渡航が許されなかったり。そんな環境で思い切り私を生きながら、働きながら、楽しみながら過ごしているとまた帰ったらとびきりのお礼と、次回は彼が自分自身を楽しむ時間を作ってあげようなんて思うもので。

だからこそ!さて、あなたは 自分のために何をしましょうか♡

大人のためのラグジュアリーハロウィンパーティー、ご予約受付中!

ハロウィンワンダーランド2019
2019年10月26日(土)XEX WEST
2019年10月27日(日)フラリエ
2019年10月31日(木)THE GATEHOUSE
※ご予約は公式HPよりお申し込みください。

おすすめ記事

ウィーンで美食にうなる

VIEW MORE

女性は地球のインテリア

VIEW MORE

可愛い女性であるために

VIEW MORE